怒羅権(チャイニーズドラゴン)

怒羅権(ドラゴン)は、日本の首都圏を拠点とする中国残留孤児の2世・3世や中国人からなる暴走族から発祥した暴力的不法行為を行う反社会的集団。準暴力団に位置づけられている。

概要

「怒羅権」とは、「日本人に対する怒り、団結、権利」を意味する。中国残留孤児帰国者の一時入所施設「常盤寮」があった東京都江戸川区葛西で1988年に結成された。

怒羅権は、暴力団対策法の適用外に当たる集団であるが、刃傷暴行・拳銃所持・殺人・強盗・覚醒剤密輸・危険ドラッグ密売・みかじめ料徴集などの凶悪犯罪が多い。90年代は暴走族から発祥したが、逮捕者には30代以上が多く、50代で逮捕されている者もいる。構成員らは蛇頭?や東北系チャイニーズマフィア「東北幇?」などと連携し国際犯罪とも関係している。

暴力団対策法の適用外にあたる不良集団、いわゆる“半グレ”の顕著な例と言われる。関東連合とは友好関係にあり、首都圏の各地に複数のグループが存在し、総勢は数百名とも言われる。2013年に準暴力団に位置づけされた。




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-19 (日) 14:56:36